高校留学は誰でもできるけど、「留学に向いていない人」がいるって本当!?ズバリ教えます!


「留学パパさんは娘のエリンちゃんを高校留学させているから、やっぱり日本の高校より海外の高校の方がおすすめなんですか?」というコメントをよく頂きます。

まあ、高校留学の情報発信をしているわけですから、「高校留学の魅力について」は、いろんな形でお伝えしたいとは思っていますが・・・
 

「誰にでも高校留学はおすすめか?」と聞かれたら、間違いなく「NO!」と答えます・・・

 

こう言うと、
きっと「やっぱり英語力とか学力がないと難しいですかね」とか、「お金がないと高校留学って厳しいですよね・・・」というコメントが返って来そうですが、残念ながらそれも違います。

 

高校留学の中でも、特に1年留学とか、卒業を目的とした留学など、長期で留学したいと思っている人については、「留学に向いている人」と「向いていない人」がいます。

 

これは僕自身の留学経験でも感じたことでもあるんですがが、それ以上に、実際に高校留学について色々と調べてみて、皆さんからのご相談に乗っていて、何度も感じたことなんです。

 

高校留学に対しての「向き・不向き」は、能力とか経済力という話じゃありません。

 

もっと根本的な部分で、海外生活は厳しいなぁということがありますし、親御さんとお話していても「そんな感じだと、きっとお子さんが大変だろうなぁ」と感じることがたくさんあるんです。

 

ここでは、実際に僕が経験したことや、感じたことを正直にご紹介したいと思います。
 

ひょっとしたら、「夢がなくなった」と不快に感じる人が出てくるかもしれません。

ちょっと言い過ぎかも!?と思う部分も出てくると思いますが、
僕は皆さんにより良い教育環境を見つけてもらいたいと、心から思っていますから、
伝えなきゃいけないことはズバッと本音でお伝えします。

 
そして、「高校留学だけがベストな選択肢ではない」という点も、皆さんに理解してもらいたいと思っています。
 

僕がお伝えする話を読んで、「それでも私は留学したい!(または留学させたい!)」と思っていただけるのであれば、全力で応援したいと思っています。

少なくとも、ここに書かれてある内容を「高校留学における最大の留意点」くらいのつもりで理解して、今後の進路選択の参考にしていただけたら嬉しいです。

 

 

誰も教えてくれない!?高校留学しない方が良い人の5つの特徴

 

この他の記事も、一生懸命執筆しています!
順次、情報を更新していきますね。
最新の更新情報の案内を希望する方は、ぜひ気軽にLINE@でお友達追加をお願いします。

新着記事